nakikata00_770

装画のお仕事 「 泣きかたをわすれていた」

2018年4月11日


落合恵子さん著書
「泣きかたをわすれていた」の装画を描かせていただきました。
装丁は鈴木成一さんです。

nakikata02 770 装画のお仕事 「 泣きかたをわすれていた」

アネモネ、ルピナス、ユーカリポプラス、ヘデラベリー、ラナンキュラス…
さまざまな植物を、花を生けるように描きました。

nakikata03 770 装画のお仕事 「 泣きかたをわすれていた」

nakikata04 770 装画のお仕事 「 泣きかたをわすれていた」

主人公の冬子をはじめ、話の中に出てきた女性達は、
時に強く時に脆く、個性的で依存する事なく、
自分の足で立ち自立した、かつ孤独を漂わせる、一本でも存在感のある花のようです。
読み終えた時のそこはかとない寂しさは、
年齢を重ね、大切な人との別れを経験した事のある人にしかわからない感情かもしれません。

 

FacebookやInstagramで作品公開中です。